QLOOKアクセス解析
広いパドックは年内最後?
オーストラリアの平原に行くと、今日は晴れ間が見えていたのでオオカンガルー・アカクビワラビー・エミューたちみんなが広いパドックに出ていました。

そこでオオカンガルーのコビナ♀を見ると・・・
オオカンガルー

赤ちゃんそろそろ限界です(*´艸`)

その後赤ちゃんはお腹から出て育児嚢(いくじのう)の中にあるおっぱいを飲んでいたのですが、外に出たばかりだったのでお腹の入口が伸びていました。
オオカンガルー

もう1頭の赤ちゃん(母ラホミ)は口に草を咥えたりしてもう一丁前という感じだったのですが、
オオカンガルー 

お母さんのラホミが来ると、やっぱりまだまだ赤ちゃんに見えました(*´艸`)
オオカンガルー 

ところで今までオオカンガルーが口を開けてもここまでしか見た事がなかったので、ずっと舌はこんな形なのかと思っていたのですが、
オオカンガルー 
(ラホイヤ♀)

今日はこんなラホイヤ♀をパチリ。
オオカンガルー
中で丸まっていただけだったんですね^^; 

奥ではアカクビワラビーのアナキン♂とパドメ♀が仲良く遊んでいたのですが、
アカクビワラビー 

エミューはというと、ウィン♂がテントク♀を追い掛けたり(↓)、テントク♀がオオカンガルーたちを追い掛けたりととっても賑やかでした^^

(携帯の方はTOPのリンク(YouTube ~ ishikawazoofan)よりご覧いただけます)

天気予報では明日から年末までずっと気温が低く雪マークなので、広いパドックでみんなが遊ぶ姿は年内最後かもしれませんね。
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オーストラリアの平原]  thema:動物の写真 - genre:写真
赤ちゃんなのにすごい!
夕方オーストラリアの平原に行くと、池の前にはオオカンガルーのコビナ♀がいて、暫くするとお腹の袋から赤ちゃんが出て来ました。
オオカンガルー

赤ちゃんは立つと、
オオカンガルー

まず「外って気持ちいい~♪」というふうにお腹をワシワシ。
オオカンガルー

一方ずっと右側にはラホミ♀がいたのですが、同じ様にお腹の袋から赤ちゃんが出て来ると、オオカンガルー
ピョンピョンとこちら側に跳んで来ました。

すると、「コビナのおばちゃん、赤ちゃんと遊んでいい?」
オオカンガルー 

「ねぇねぇ、いいでしょ~?」
コ「はいはい、わかったからちょっと待っててね」
オオカンガルー 

「やった~♪」
オオカンガルー 

「ガオ~」
オオカンガルー 

「まてまて~♪」
オオカンガルー 

と言ってはいませんが、ふたりで池の前に行くと何をするでもなく、ただお互い傍にいるだけという感じ^^
オオカンガルー 
(左コビナの子・右ラホミの子)

その1分後にはもう解散して、コビナの赤ちゃんは右側に移動していたお母さんの所に戻ったのですが、
オオカンガルー 

すぐに「ちょっといってきま~す♪」
オオカンガルー 
コ「気を付けなさいよ~」

「わ~い♪」
オオカンガルー 

すると赤ちゃんは嬉しくて仕方ないというように、パドックをあっちこっち跳び回っていたのでした。
(携帯の方はトップページのリンク(YouTube ~ ishikawazoofan)からどうぞ。)

途中追い掛けて来るエミューのテントク♀もかわす程のスピードに、赤ちゃんなのにすごいなぁと思いました。

こちらはその時ずっと右端のガラス前にいたアカクビワラビーのパドメ♀。
オオカンガルー
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オーストラリアの平原]  thema:動物の写真 - genre:写真
オオカンガルーの母たちの愛
オーストラリアの平原に行くと、奥の方ではオオカンガルーのラホミ♀がお腹に赤ちゃんを入れたまま毛繕いをしていました。
オオカンガルー

耳がねてる(/ω\*)

暫くするとお腹からスルッと赤ちゃんが出て来たのですが、出た直後の袋はああなってるんだとビックリw(゜o゜)w
オオカンガルー 

袋の中だと窮屈なのか、赤ちゃんは「ふぅ~」という風にあちこち掻いていました^^
オオカンガルー

「なに?!」 
オオカンガルー

毛繕いが済むと今度は「わ~い♪」という様に奥で跳び始めたのですが、 
オオカンガルー

気配を察したエミューのテントク♀がキラーン(`・ω・´) 
オオカンガルー

ワサワサッと小走りで向かうと、母ラホミが「ほら!早く入りなさい!」
オオカンガルー

赤ちゃんが入った直後にテントクがワーっとなったのですが(左)、
オオカンガルー
こちらが思っている程ラホミは慌てていなくて、逆にちょっと余裕な感じ(右)。

その後ぐるっと回って右側に避難すると、「ふぅ~参った、参った」
オオカンガルー
赤「おかあさんタスケテ・・・」

暫くしてラホミが再び先程の場所に戻ると、もう1頭のお母さんのコビナもやって来たのですが、そこへまたまたテントクがやって来ました。
オオカンガルー

この時もそんなに緊迫した感じには見えなかったのですが、コビナは逃げる時、右前足で赤ちゃんを支えているのが解って凄いなぁと思いました。
オオカンガルー

こちらは何だか楽しそうに見えたテントク。
オオカンガルー

アカクビワラビーのアナキン♂は近くにいたにもかかわらず、今回はどさくさに紛れて入って行くなんて事はありませんでした。
オオカンガルー
珍しい・・・^^

一件落着して木で身体を掻いていたコビナ♀。
オオカンガルー

鼻に落ち葉(*´艸`)
オオカンガルー 
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オーストラリアの平原]  thema:動物の写真 - genre:写真