QLOOKアクセス解析
カムルチー現る!
郷土の水辺に入ると、涼しい風ととても明るいトップライト(屋根部分の自然採光)のお蔭で、暑さに参っていた頭が覚めるようでした♪

「上流の自然」水槽では、縦に隠れていたヤマメ(右上)とニッコウイワナをパチリ。
いしかわ動物園 ニッコウイワナ ヤマメ タカハヤ
タカハヤたちは、以前は水槽左側にあった草がなくなってからはだいたいここで群れています。

1番奥の「石川の池・沼」水槽に行くと看板が増えていたのですが、その名も『カムルチー(移入種)』。 
いしかわ動物園 カムルチー 

早速しゃがんで探してみると、奥にいたいた♪(パッと見体長は数十センチありそう)
いしかわ動物園 カムルチー 
奥にいておまけにじーっとしているにもかかわらず、「どーん!」という感じですごく存在感がありました。

ニホンカナヘビのケージでは1匹が脱皮中だったのですが、
いしかわ動物園 ニホンカナヘビ 
(先月書いた脱皮していた個体は多分右上の子)

午後にまた行った時にはあと一息という感じ。
いしかわ動物園 ニホンカナヘビ 
明日になったら脱げてるかな?^^

こちらは身体は潜って顔だけ出していたニホントカゲ。
いしかわ動物園 ニホントカゲ 

2週間も前の写真で申し訳ないのですが、最後は(↓)モリアオガエルの食事風景を。
いしかわ動物園 モリアオガエル 

コオロギが近付いて行ってもポーカーフェイスのモリアオガエル。
いしかわ動物園 モリアオガエル 

ところが次の瞬間!
いしかわ動物園 モリアオガエル 

見事GET。
いしかわ動物園 モリアオガエル 
カエルの目はどういう風に見えるのか1度体験してみたいなぁと思いました。
あと、赤外線も見えて動体視力がめちゃめちゃすごい鳥の目とかも^^
関連記事
スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[郷土の水辺・南米の森]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/970-ce6b62a1
trackback