QLOOKアクセス解析
ヘビのふれあいタイム~コーンスネークのチェリーちゃん
南米の森に行くと、なんとなんと!今日は「ヘビのふれあいタイム」がありました~(ノ≧∇≦)ノ
いしかわ動物園 南米の森
 
写真↑はボールニシキヘビ(アフリカに生息)ですが、今日はアメリカに生息している(南米ではないので普段の展示はできない)コーンスネークのチェリーちゃん♀でした。 
いしかわ動物園 南米の森

触り心地は思っていたより柔らかくサラサラ、皮と身体の間に薄い空洞がある感じ(←あくまでも感覚です)で、匂いは全くの無臭でした。
いしかわ動物園 南米の森
瞳孔は丸かったのでとっても可愛らしいお顔です(/ω\*)

1回ヘビを触ってみたいとずーっと思っていたので、嬉しくて仕方なく時間の間中いてしまったのですが、間近で見てみると微かに膨れたりするので息をしていることが解ったり、腹部分の表面の造りが解ったりと「すご~い」の連続でした。
いしかわ動物園 南米の森
ちなみに身体の接地面積が少ないと不安になるのだそうで、なるべく広めにというか両手で支えてあげるというのがなるほどなぁと思いました。

他に見ていておもしろかったのはお子さんたちの反応で、好奇心旺盛に進んで触る子・恐る恐る触る子・怖がって行ってしまう子など様々だったのですが、1番おもしろいなぁと思ったのが、最初は触れなかったのにいざ触れると豹変して「かわいい~♪」と触りまくっていた子^^
本当に嬉しそうで楽しそうで、偏見がなくなり見方が変わるという事はなんてステキなことなんだろうと感動しました。
あと、親御さんが怖がるとそのお子さんも怖がって触れないということ。親の先入観はかなりの影響力ですね^^;

ちなみに「ヘビのふれあいタイム」は試験的にされておられる感じで不定期なため、時間の告知や放送はありません。
 
こちらは気になって時々上を飛び回っていたオニオオハシのペッパー♀。
いしかわ動物園 南米の森
 
こちらはきょうだい喧嘩?のように遊んでいたアカハナグマの姉クッキー(左)と妹キャンディー(右)。
いしかわ動物園 南米の森 

こちらはお父さん(右)の毛繕いをしていた息子のクリン(左)。
いしかわ動物園 南米の森 

今日は本当にありがとうございましたm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[郷土の水辺・南米の森]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/892-b373a23f
trackback