QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
富山市ファミリーパーク/郷土動物館~サル山
郷土動物館に入るとすぐ右手には、水の入ったペットボトルを使った動物の体重を体感コーナー?がありました。
富山市ファミリーパーク
とても興味深く楽しかったです^^♪

公式HPによりますと、ノウサギは夜行性のためこちらでは敢えて昼夜逆転させてあるとの事でした。
富山市ファミリーパーク

こちらはフクロウ。
富山市ファミリーパーク

他にはニホンイタチがちょうどお食事の時間で、目で追えないくらいの素早い動きが見れたり、ニホンモモンガが巣箱から顔を出している可愛らしい姿を見れたりもしました。

暗いコーナーの最後はニホンリスの部屋で(右端)、
富山市ファミリーパーク 

ちょうどエサの時間にさしかかったので可愛らしい2匹がちょこちょこ走り回って食べていたのですが・・・
富山市ファミリーパーク 

なんと、縦の木と横の木の後ろをビスか何かでゆるく留めてあるのか、リスが乗るとゆっくり傾いて簡単にはエサが取れないようになっていたのです。
富山市ファミリーパーク
退屈な時間を少しでも減らすために食べる時間をなるべく長くする工夫(環境エンリッチメントの1つ)だと思うのですが、見ているこちらも「頑張って~」という気持ちになりとても楽しく、小さいお子さんたちも親御さんが次に行くよと言っても「まだ見たい~」と真剣に観察していたのがすごいなぁと思いました^^

郷土動物館を出たところでは、ホンドタヌキのギャーコ♀ちゃんや、
富山市ファミリーパーク

ホンドギツネのブンタ♂くんたち(ハクビシンやニホンアナグマも)みんな気持ち良さそうに寝ていました。
富山市ファミリーパーク

次にちょっと歩いてサル山に行くと、2月にはまだちっちゃかったニホンザルの赤ちゃんたちが少し大きくなっているように見えました。
富山市ファミリーパーク

こんなに小さいのに自分の身長以上の高さを軽々上がれるなんてすごいですね。
富山市ファミリーパーク

こちらは暑いなぁと日影で休んでいるようだったおとなのニホンザル。
富山市ファミリーパーク
サル山を観察していると、人間社会の縮図を見ているようでした^^
関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[富山市ファミリーパーク]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/864-4b115b79
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。