QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
旭山動物園名誉園長 小菅正夫さんの講演会 <旭山動物園>革命-夢を実現した復活プロジェクト

今日は、旭山動物園の名誉園長 小菅正夫さんの講演会『<旭山動物園>革命-夢を実現した復活プロジェクト』を拝聴しに白山市松任学習センターへ行ってきました。
小菅名誉園長 講演会 
私が旭山動物園さんの公式ホームページのリンクを貼らせていただいているのは、「名誉園長室」と「園長(ゲンちゃん)日記」を1人でも多くの方に読んでいただきたいからです。
なので想いが強い分、今日という日が本当に楽しみで仕方なく、1番乗りで最前列に座りました。

内容は、著書の『「旭山動物園」革命-夢を実現した復活プロジェクト』のパワーポイントを交えたお話で、獣医さんとして旭山動物園に入られた時の事、入られてからのお話、入園者数の推移、出来事、旭山動物園がなくなると聞いて「やるしかない」と自分たちができることを実践された事の数々、22年前にされた「夜の動物園」のお話、20年前にされた「冬の動物園」のお話、動物たちの素晴らしさ(ちなみにペンギンは陸を歩く時、立っているのではなくしゃがんで歩いているのだそうです)などなど、頷けるお話が本当にたくさんで、たとえ読んだ事があるお話でも一語一句聞き洩らしたくないと思う程でした。
(やはり直接拝聴されるのが1番心に響くのですが、詳しくは『「旭山動物園」革命-夢を実現した復活プロジェクト』をご覧下さい。
これからも講演会でお話されると思われますので、詳しい内容は割愛させていただきます。)

お話に引き込まれ、笑い、頷き、涙ぐみ、あっという間の1時間40分だったのですが、最後に質問タイムがあったので私も質問させていただきました。
ですが、マイクを受け取り立った時点で、今お聞きした数々のお話や宝物の1つでもある『旭山動物園園長が語る命のメッセージ』のお話などが一気に頭の中を駆け巡り、感極まり泣いてしまうという失態をしてしまったのです。
泣いたらダメだと自分に言い聞かせようとするのですが、注目を浴びている緊張と相まってもっと話せなくなりました。
ところが小菅園長は嫌なお顔1つされず、「どうぞ座って下さい」と優しくおっしゃって下さいました。

質問では命の大切さを直接お聞きする事ができ、本当に貴重で有り難く、動物たちの素晴らしさや命の大切さを伝える動物園をずっと応援させていただきたいと改めて強く思いました。

お開きになった後、小菅園長と奥様とお話させていただける機会に恵まれ、とても幸せで光栄でお二方の温かいお人柄にまた泣きました。
本当に本当にありがとうございました。

これからも、動物園を通して命の大切さが1人でもたくさんの方(特に子どもたち)に伝わりますように。

旭山動物園園長が語る命のメッセージ 

 

関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[その他催し
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/757-5b5d8c2f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。