QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
富山市ファミリーパーク バードハウス
13:30~の「ごっくんタイム」に合わせてバードハウスに行ってみました。
富山市ファミリーパーク

池を横から見れるようになっている所の真ん前では、カワアイサが一所懸命エサの魚を食べようと頑張っていました。
富山市ファミリーパーク

その間今度はコサギが食べる番になったので1匹食べ終わったカワアイサは待つ番に。
富山市ファミリーパーク

ところがコサギが格闘しだして魚を落としそうになると、カワアイサは待ちきれないのか「ハッ!」となり思わず身を乗り出そうとしていたのでした^^
富山市ファミリーパーク

こちらはヘラサギたち。
富山市ファミリーパーク
下側の嘴も上と同じようにヘラ型になっているんですねw(゜o゜)w

こちらはとっても大きなニホンコウノトリ。
富山市ファミリーパーク

次はお隣のオオワシのスペースへ。(同じ山の斜面を利用した広いケージ内ですが水鳥たちとは区切られています。)
富山市ファミリーパーク

恐ろしく太い足と爪にビックリw(゜o゜)w
HPの動物紹介によりますと、魚の他に馬肉も与えるとあり、この時は1羽が美味しそうに馬肉を食べていたのですが、
富山市ファミリーパーク

上にはもう1羽いて相方が食べ終わるのをじっと待っているように見えました。
富山市ファミリーパーク

あまりにもじーっと見ていると気が散るのか時々こちらを見ていたので、食べきるところを見届けるのは諦め次へ行くことに。
富山市ファミリーパーク

建物奥にはフクロウのヤマトおじいちゃん?が今日もいつもと同じ場所に留まって寝ていました。
富山市ファミリーパーク

お隣のお部屋ではアオバズクが寝ていたのですが、
富山市ファミリーパーク
下には目の前にヒヨコの足や頭や羽、まるで目出し帽のようになったヒヨコの顔の皮(羽付き)がバラバラに散らばっていました。
採卵用のヒヨコは生まれてすぐに雄雌に選別され、雌のヒヨコはおとなになると卵を産むのでそのまま育てられますが、雄のヒヨコは用無しになるので即廃棄されます。
動物園などの猛禽類たちはその雄のヒヨコを食べています。
ヒトは猛禽たちがヒヨコを食べている様子や残骸を見てかわいそうと思いがちですが、1番かわいそうな事をしているのは実はヒトだったりするんですね。(ヒトの食生活はそのヒヨコたちの犠牲の上に成り立っているという意味です。)
食べ物を残すという事は頂いている命を無駄にするという事。
残したり、必要以上に注文したりしないようにしなくちゃですね。
(ちなみに今もあるのかは知りませんが、その店のメニューの食べ物を片っ端から次々に食べて行く番組は、食べきっていても無駄にしているのと同じだと思います。)

関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[富山市ファミリーパーク]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/739-2486efcd
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。