QLOOKアクセス解析
シマウマのお食事ガイド

今日は久しぶりにシマウマのお食事ガイドがあったので、14:30前にアフリカの草原に行きました。(ちなみにお食事ガイドは日によって、ある動物や時間が違うので、エントランスの看板や園内放送でお確かめ下さい。)

最初はまだグレビーシマウマの2頭はパドック奥の入り口付近にいました。

いしかわ動物園 

ところが、時間やバックヤードの音や雰囲気でちゃんと解っている2頭は「ひょっとしてお食事?!♪」(マタディ♀)と、

いしかわ動物園 

トコトコ歩いて来てパドック中程で立ち止り、園路を歩いて来られる担当の方の姿を確認すると、

いしかわ動物園

「お食事っ♪お食事っ♪」 と聞こえてきそうなくらい嬉しそうにこちら側に歩いて来ました。(左ランディア♀・右マタディ♀)

いしかわ動物園

担当の方と同時ぐらいに到着すると、ガイドの間待ちきれないランディアが「グーーーピィーーー!」と鳴いたので感動!

いしかわ動物園 

シマウマが鳴いているお顔を見たのは昨年の10月16日以来だったのですが、バックが雪景色のためか一層近くに見えて迫力がありました。

雪が周りの音を吸収するのかは判りませんが、とても静かな中、2頭が食べる息遣いや飲み込む音などが聞こえてまたまた感動。

いしかわ動物園 

マタディ(左)は、お食事の時にランディアが自分の背後に立つと後ろ足で蹴ろうとするのですが、こうやって顔を近づけて食べていても何にも怒りません。何故(?_?)

この時は雪も雨も振っていなかったので2頭はパドックに出ていたのですが、湿った雪が降っていたりで体がびしょぬれになりそうな時などは出さないのだそうです。ちなみに背の高いアミメキリンたちは重心が高いので滑って転んだりしないように(凍ってバリバリの時がある)、イザベル♀が下痢をしないようにと配慮されているため出さないとの事でした。

こちらは嬉しそうにちょっと飛び跳ねていたランディア。

いしかわ動物園 

2頭の見分け方はお顔や胸の模様や立て髪の感じなのですが、横顔の模様は全く違うので判りやすいかもしれません。

いしかわ動物園 

こちらは今日も機嫌が良さそうに見えたゾウの丘のアジアゾウのサニー♀。

いしかわ動物園 

こちらはあったかいプールでユラユラのんびりしていたカバの池のデカばあちゃん。

いしかわ動物園 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[アフリカの草原]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/714-cb07cd5d
trackback