QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
年頃の娘たち
南米の森に入るとパカのパカチン♀がいつものように気持ち良さそうにウトウトしていました。
パカ


次にヘビとマタマタの部屋を覗くと・・・ 
ボアコンストリクター マタマタ
なんと今日はボアコンストリクターのエリー♀(ジークから改名)が水に浸かっていたのですが、どう見ても身体がマタマタの頭や身体に触れているのです。
ですが、ボアは本来鳥類や哺乳類を、マタマタは魚類を食べるのできっと大丈夫なんでしょうね^^

お隣ワタボウシタマリンの部屋では、コロナ♀がお気に入りのリラックマの中から綿を出してじーっと観察していました(*´艸`)
ワタボウシタマリン 

そのまたお隣の部屋を覗くと、グリーンイグアナのプチ♂がすぐ前にいたのでガラス越しに撫でると・・・
グリーンイグアナ
気持ち良さそうに目を瞑ってじー。
暫くすると目を開けそうになったのですがそのまま撫でていると、チラッと確認してまた目を瞑っていました(/ω\*)

最後に奥のアカハナグマの所に行くと、母ビップが毛繕いをしようとしていたのですが、そこへ娘のクッキーや妹のキャンディーがやって来てちょっかいを掛けてきた?のでビップはゆっくり毛繕いができませんでした。
アカハナグマ 

なので今度は左端に移動してそこで毛繕いを始めたのですが、そこへまたまたキャンディーがやって来ると「おかあさんちょっとどいてね」
アカハナグマ
と押し出されてしまったのです。

そこでビップは毛繕いを諦め今度はまた右側へ移動したのですが、そこにクッキーがいたので「おかあさんが毛繕いしてあげるからね」とでも言うようにアグアグ始めると、
アカハナグマ 

ク「もういいからあっちいって~」というようにバシバシ!
アカハナグマ
子どもたちが赤ちゃんの頃、ちょっと高い声で鳴くとはすぐに飛んで行き、「どうしたのっ!だいじょうぶ?!」と必死に全身を点検したりなだめたり一所懸命育ててきたのにね、なんて思ってしまったのでした^^
(これも勝手なヒトから目線かな( ̄∇ ̄;)ゝ)

こちらはその2分後、みんな揃って何やら探していた3頭。
アカハナグマ 

こちらは尻尾で上手にバランスをとっていたクッキー。
アカハナグマ
ちなみにクッキーは来月で満3歳、キャンディーは1歳9カ月です。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[郷土の水辺・南米の森]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/1231-d5fe976b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。