QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
小松市 憩いの森のとっても可愛いウサギたち 2
今日は買い物がてら約5ヶ月振りに、小松市吉竹町にある憩いの森のウサギを見に行きました。
6月に行った時のまだ生後2ヶ月の子ウサギ頃の様子「1」は是非こちらをご覧下さい。
c200a205.jpg 

大きくなったかなぁ、大事にされているかなぁと近づいてみると、「石を投げないで」との貼り紙が・・・

ここにもか!!!ヽ(`Д´)ノ

相手の痛みを想像できない、想像力が著しく欠けている人間なのでしょう。
自分がやった事は必ず自分に返ってきます。

今は防風パネル代わりのビニールが巻かれていましたが、これからも徹底的な管理をお願いしたいものです。


半年前のキャラメルちゃん、
0acb3db6.jpg


今日のキャラメルちゃん。
2ac0f6fb.jpg

半年前のナッツ(多分右)、
9d5c96b8.jpg

今日のナッツ。
8beb9719.jpg

他にも気持ち良さそうにウトウトしていたり、
e6d98984.jpg

少しだけ置いてある砂をホリホリしたりと、5頭揃っていて一安心しました。
9d61a181.jpg 

ところが、どこを見ても常に食べられるように置いておかなくちゃいけない牧草がない。

おかしいぞと思い横の管理施設におられた方にお尋ねすると、
「あればあるだけ食べるから、1日2回朝と夕方にやっている。(手で示されたのは縦30ラ横30ぐらいの大きさ)」
もっと突っ込んでお聞きすると、
「ここでは獣医さんの指導とかはされていなくて、買ったフィッシュ◯ンド(ペットショップ)で聞いた通りにやっている」
との事でした。

そこでフィッシュ◯ンド本店に問い合わせてみたところ、
「うちでは(店にいる)ウサギにはそうしている」
憩いの森さんにもそう言われたのかお聞きすると、
「私はその時の担当じゃないのでわからない」
の1点張り。

ウサギは繊維質を充分に摂る必要があり、繊維質不足からなる腸炎や毛球症、歯の伸びすぎ防止のためにも常に牧草を食べられる状態にしておかなくてはいけません。
ウサギは牧草を食べ過ぎるとよくないなど聞いたことがありません。
動物は身体の不調が出ても痛みを訴えることができないし、ウサギは鳴かないのでもっと注意深く見てあげないといけないのです。

そこで今度は管理元の小松市役所の林務水産課に問い合わせてみたところ、同じく
「ウサギを初めて飼ったのでフィッシュ◯ンドで言われた通りに飼っている」
との事でした。
最後は、これから見直して検討してみたいとおっしゃっておられたので、取り敢えずホッとしたのですが・・・

どのウサギの飼い方の本にも書かれてあり、ネットでちょっと調べれば当たり前のようにすぐに見付けられる事なのです。
大切な命を売っているペットショップ(私は基本反対です)が、間違った情報を与えている事はもってのほかです。
(おまけにただ売れれば良いという考えなのか、こちらでのウサギは生後1ヶ月で売られていたり、ケージの場所が適切ではないように見受けられたり。)

でも、そんなペットショップの1つの情報だけを鵜呑みにして、何の努力もせず調べようともせず、ただ元気っぽくいてくれれば良いのでしょうか?
たくさんの子どもたちが利用する公共の施設ですよね? 市の施設ですよね?
ウサギを飼育した目的は何なのでしょうか?

津幡町にある石川県森林公園と言い、金沢市にあるキゴ山ふれあいの里と言い、なんでこういう所ってこんなのばっかりなんでしょうかヽ(`Д´)ノ
もっとちゃんとしっかり『命』に責任を持って下さい!!!
いしかわ動物園に行って勉強しなさいよ!

ところで、獣医さんの指導を受けていないとの事ですが、何かあってから初めて診てもらうということ(?_?)
よほど注意深く見ていないと、素人(私含め)が目で見て症状が判る頃には重症化していると思われますので充分ご注意を。

ここで突っ込みどころがもう1つ。
ケージの周りには「柵に入らないで」と書かれているのですが、柵の先というか端が、「こちらからどうぞ」と言わんばかりにガバ~っと開いているのです。
まずそこにも柵を付けた方が良いのではないかと・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[他動物園や動物
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/120-c8c9e1d5
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。