QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
チンパンジーの恐ろしい力
チンパンジーの丘に行くと、今日屋外パドックにはサンドラ♀とモンテ♂とキケ♀が出ていたのですが、この時モンテ♂は歯を高速でコツコツ鳴らしながら一所懸命キケ♀にグルーミングをしていました。
いしかわ動物園 チンパンジー


なので屋内には、今日はハロー♂(↓)と父イチローと母メロンです。
いしかわ動物園 チンパンジー 

父イチローは今日も上手にハローを遊んであげていたのですが、
いしかわ動物園 チンパンジー 

そこでこちら。(携帯の方はお手数ですが、トップページのリンク(YouTube ~ ishikawazoofan)からご覧いただけます)

お母さん(メロン)の周りをグルグル回っているのがヒトの幼い兄弟の遊びの様でおもしろいなぁと思いました。

お昼に再び行くと、サンドラとモンテは園路側に向いて、
いしかわ動物園 チンパンジー 

キケは観覧通路側を向いてのんびり。
いしかわ動物園 チンパンジー 

室内展示場ではイチローがメロンにだったり(左)、メロンがイチローにだったり(右)と仲良くグルーミング。
いしかわ動物園 チンパンジー

2時間後、再び行ってイチローたちを見ている時、
いしかわ動物園 チンパンジー
(イチロートイレ中)

イチローが突然「フーホーフーホー」言い出したかと思った次の瞬間、
いしかわ動物園 チンパンジー

お隣の観覧通路のガラスがバンバン鳴り出したので行ってみると、
いしかわ動物園 チンパンジー
キケ・モンテ・サンドラがディスプレイをして走り回っていました。というよりモンテは逃げていただけで、キケとサンドラの2人がギャーギャー言っていたような。

こちらは外の3人に聞こえるようにガラスを飛び蹴りしていたイチロー。 
いしかわ動物園 チンパンジー
 
この時、室内展示場前にいたお客さんたちはパドックの見える方に大移動して、固唾を飲んで見守っているという状態だったのですが、チンパンジーたちの表情や走るスピード、大きさや迫力に「すごい・・・」「恐い・・・」と言う声がたくさん聞こえてきました。
いしかわ動物園 チンパンジー 
普段チンパンジーの丘ではしょちゅう(某擬人化番組の)「パンくん」「パンくん」というお客さんの声が聞こえて来るので、動物園でちゃんと野生のチンパンジーの本来の姿を見られることは本当に大事な事だなぁと改めて思います。
ちなみに走り回っている時、モンテ♂が走りながら右側の丸太を片手で軽々と持ち上げてどかした時は、すごい力に本当に驚きでした。
ヒトの握力は大人の男性で約30kgですが、チンパンジーは約200kgだと言われているので当然ですね^^;
ちなみにオランウータンは300kg以上あるそうです。

こちらは終わった直後、まだハァハァ言っていたモンテ♂。
いしかわ動物園 チンパンジー 

その後、落ち着いて穏やかに道を譲り合うキケ(手前)とサンドラ(奥)。
いしかわ動物園 チンパンジー 

最後になってしまいましたが、今日はモンテ♂の25歳のお誕生日です。おめでとう(*^▽^)/★
いしかわ動物園 チンパンジー 
モンテにとって幸せな1年でありますように(^人^)
関連記事
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:2   トラックバック:0
[チンパンジーの丘]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
tamaさん、こんばんは。いつも楽しく興味深く拝読しておりますm(._.)m
チンパンジーの恐ろしい力がお客さんたちに伝わったのは素晴らしいことですね!
以前読んだ本に、動物園が工夫して個々の動物の身体能力を引き出すような展示をしても、「可愛い」という感想で終わるお客さんがまだまだ多く残念だというのを読みました。
私も、tamaさんが書いておられるように、多くの野生動物の力や技が人間を遥かに超越していることを、私たち人間が感じ、動物たちに対し畏怖、畏敬の念を抱くことは、この地球上で動物たちと共存していく上でとても大切なことだと思います。
私はすごく恐がりなので、この場に居合わせていたら、恐くて脚がガクガクしたかもしれません(>人<;)
こんなに凄い力の持ち主であるチンパンジーを展示する上で、事故のないように、尚且つ行動を制限しないように、徹底的に調査や計算をされたのだと思うと、動物園ってすごいところだなぁと思います!

2010/11/02 23:58 | URL | edit posted by ちゃっぽ
ちゃっぽさん
ちゃっぽさん、いつも本当にありがとうございます。
大人のチンパンジーたちは、食事の時やジャングルジムなどに登る以外は動きがのんびりしているので、たまのディスプレイの時には「もっと来てもっと見て」と思ってしまいます。←関係ないのにですが( ̄∇ ̄*)ゝ
可愛いという感想で終わる>私がウロウロしている狭い時間の範囲内でですが、まだ6割ぐらいおられる様な気がします。
共存していく上でとても大切>本当にそう思います。相手(野生動物)を「尊重して干渉しない」が理想であり当たり前の事ですもんね。
いつも最初にキケ♀(大人の中で1番年下)が向こうから観覧通路のガラスに向かって突進して来て、ガラスの端から端までバンバン叩きながら移動して行くのですが、何回見てもガラスが割れるんじゃないかと思ってしまう程すごいんですよ^^;(ちなみに震度7でも割れない強化ガラスだそうです)
いろんな事を計算・配慮されておられる事、私も本当に凄いと思う反面?半面?これからももっと知って行きたいなぁと思っています^^
2010/11/03 07:53 | URL | edit posted by tama
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/1106-a228f660
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。