QLOOKアクセス解析
ハァ・・・・・。
サルたちの森のワオキツネザルのパドックに行くと、母ブランチェは下の木でぼーっとのんびり。
いしかわ動物園 ワオキツネザル


双子のデール♂は上の左側で木から鉄骨へと跳び移ったり、 
いしかわ動物園 ワオキツネザル

観覧通路側に来て柵を齧るでもなくガウガウと遊んでいました。 
いしかわ動物園 ワオキツネザル

こちらは双子のどっち?デール♂かな?^^;
いしかわ動物園 ワオキツネザル 

双子の2頭は元気よくあっちこっち跳び回っていてそのうちどちらか判らなくなったのですが、1頭がロープの真ん中で遊んでいる時、バランスを崩したと思った瞬間、
いしかわ動物園 ワオキツネザル 

ぶら~ん。
いしかわ動物園 ワオキツネザル 
さすが素晴らしい身体能力!とすごいなぁと思いました。

こちらはシロテテナガザルのパドックに新しくできていたブランコ。(左は赤ちゃんのキキ♂)
いしかわ動物園 シロテテナガザル
今日はまだ物珍しいという感じでクク♂や弟のキキ♂が通りすがりに触ってみる程度だったのですが、いつか漕がないまでも乗っている姿が見られたらおもしろいだろうなぁと思いました。 

こちらはコモンリスザルのリー♂。
いしかわ動物園 コモンリスザル 

今日はブラッザモンキーに何かを勝手に与えているカップルの女性がいました。
いしかわ動物園 ブラッザモンキー 
(↑ジープ♂)

慌てて行くとその女性はさーっと手を引っ込め横のシロテテナガザルを見るフリをしだしたのですが、ジープ♂とダンプ♂の口がバリバリいっていたのでバレバレ。
言おうと思った矢先にちょうど担当の方の姿が見えたので行って聞えよがしにお伝えすると、何気ない顔をしながらも慌てて小動物プロムナードへ入って行きました。
一体どういう神経をしているのでしょうか?慌てるということは悪い事だど解ってやっているんでしょうね。
周りから見ると、すごくみっともなく恥ずかしくとても幼稚に見えます。
園内の人止め柵は車椅子を使われておられる方や子どもたちの視界を妨げないように低くなっているのですが、想像力の足りない人間には思いもつかないのでしょう。
26日といい今日といいハァ・・・・・という感じでした。
関連記事
スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[サルたちの森]  thema:動物の写真 - genre:写真
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ishikawazoofan.blog109.fc2.com/tb.php/1060-08c5352e
trackback