QLOOKアクセス解析
イチゴ♀と新しいハンモック
今日は金曜日という事でチンパンジーの丘の室内展示場にはイチゴ♀が出ている日だったのですが、お昼頃動物園に着いて直行してみると・・・
チンパンジー
乗ってる乗ってる~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

こちらのハンモックは火曜日の休園日(だったかな?)に設置されたそうで、昨日はサンドラ♀・モンテ♂・キケ♀たちオーストラリア組だったのですが、今日はイチゴという事で反応はどうだろう?と楽しみにしていたのです。
チンパンジー
もうイチゴ用?と言いたくなるくらいしっくり★

イチゴはここでヨーグルトを食べさせて貰ったり、
チンパンジー

屋根のようにして下でちょっと落ち着いてみたり、
チンパンジー

「よい
チンパンジー

しょっと!」
チンパンジー
と勢いをつけて飛び乗ったりと、すっかりお気に入りになっていて遊びこなしていました^^

以前、今のハンモック辺りに吊り下げられていたコンテナはというと、今は左側についていて、
チンパンジー
入ってみたり(↑)、お食事タイムには食べ物を探してみたり(↓)、
チンパンジー

足で蹴って揺らしてみたりとこれまた楽しそう^^
チンパンジー

他にはロープをほぐしてみたり、
チンパンジー

ブラキエーション(腕渡り)をしてみたり(左)、元からあるハンモックに乗ってみたり(右)、
チンパンジー

お隣のオランウータンの2人を観察してみたりと、
チンパンジー
じっとしている時間はないんじゃないか?!というくらい、次から次へと遊びに熱中していました(*´艸`)

そんなイチゴもあと12日の1月5日で満3歳になります^^
チンパンジー

イチゴが楽しそうに遊び回る様子は動画でもどうぞ。

(携帯の方はTOPのリンク(YouTube ~ ishikawazoofan)からご覧いただけます)
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[チンパンジーの丘]  thema:動物の写真 - genre:写真
顔を隠す
オランウータンの森に行くと、ドーネ♀は奥の床暖の所でうつ伏せになってお休み中でした。
ボルネオオランウータン

一方ブロトス♂はというと、いつもの如くまずぶら下がっている消防ホースをワサワサ揺らし、一通りすると落ち着いて前に来たのですが、今日は何かがいつもと違う・・・
ボルネオオランウータン
顔を隠してる?
(分厚いガラスなので聞こえはしないのですが、)「ブロおはよ~」とガラスを撫でてもじーっとこのまま。

ひょっとして?と思いちょっと離れてみると・・・
ボルネオオランウータン
チラッ。

そこで私が面白がって顔を近付けるとまたまた隠す。
ボルネオオランウータン
今度はフランジ(チークパッド)ごと(≧m≦)

そこで私が再び離れるとガラス越しでも明るさなどで気配が判るのか、今度は手をそーっと離して隙間からチラッ。
ボルネオオランウータン

じゃあ今度はフェイント!と左にある窓枠より更に左側から覗いてみると・・・
ボルネオオランウータン
今度は更に頑なにぎゅ~っと顔を隠してしまいました(*´艸`)
恥ずかしいという気持ちがあるのか?はたまた私にうんざりして顔を見るのも嫌なのか?(T▽T)
でも本当に嫌だったら向こうに行くと思うので、ただ遊んでいるだけだったのかな~なんて。
真相は如何に??

こちらはその後、さっきの事が何でもなかった様にガラス越しに足の上げっこ?遊びをしていたブロトス。
ボルネオオランウータン

ところでこちらはお馴染みのブロトスのブランコ風景なのですが、このブランコは人が乗るとホースがピーンとVの字になるそうで、なのでブロトスは両手で少し広げながら漕いでいるのかも?との事でした。
ボルネオオランウータン
凄い!!

こちらは夕方の可愛らしいドーネ♀をパチリ。
ボルネオオランウータン
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オランウータンの森]  thema:動物の写真 - genre:写真
ブラッザモンキーの新しいお気に入り
お昼頃サルたちの森に行くと、ちょうど担当の方に貰ったばかりだったのかみんなヤマモモ?の枝を持っていたのですが、シロテテナガザルのパドックでは、弟のキキが持っていた枝をお兄ちゃんのククがササッと奪って行って、
シロテテナガザル


「おいしそ~♪エヘ」                                                    パク!
シロテテナガザル 

次にブラッザモンキーのパドックを見ると・・・
ブラッザモンキー

なんと模様替えされて雛段の様になっていて、アスカ♀が当たり前のように座って葉っぱをムシャムシャ。
ブラッザモンキー 

この時ダンプ♂は池の水に枝ごと浸けて、葉っぱをちぎって食べていたのですが、
ブラッザモンキー 

2頭とも食べ終わると今度は手前の木に乗ってのんびり毛繕いをし出しました。
ブラッザモンキー 
以前アスカ♀は奥にあった切株?によく座っていたのですが、もう雛段がお気に入りの様子でずっと乗っていたように思います^^

お隣ワオキツネザルのパドックを覗くと、母ブランチェはあったかい電球がある「ぽっかぽかハウス」の中で、
ワオキツネザル 

息子の双子のデールはヒーターがある「新ぽっかぽかハウス」(←勝手な仮称)に、
ワオキツネザル 

双子のもう片方のチップ♂はというと、奥でヤマモモの枝を一所懸命にカジカジ。(またまた2枚を合わせた合成です;)
ワオキツネザル 

ですが、チップはまるで食べ終わってから寒さに気付いたかの様に、慌ててハウスに入って行ったのでした。
ワオキツネザル 
ちなみにハウスの中の丸太は先週設置されたばかりだったのですが、今日使っている場面を見て改めて素敵なイスだなぁと思いました^^
(追記:いしかわ動物園のメルマガ「ISHIKAWA ZOO TIMES  第217号」2010年12月30日付によりますと、天井付近と床付近の温度差対策のために設置された旨が書かれてありました。)

こちらはその後、太陽が顔を出していた時のチーデー。
ワオキツネザル 

こちらは「ぽっかぽかドーム」の中でぬくぬくしていたコモンリスザルのバツ♀たち。 
コモンリスザル 

こちらはこの時奥にいたジャンボ♂。 
コモンリスザル
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[サルたちの森]  thema:動物の写真 - genre:写真