QLOOKアクセス解析
11月13日の動物たち

朝チンパンジーの屋外パドックに行くと、今日はオーストラリア組(サンドラ♀・モンテ♂・キケ♀)が出て来る所に遭遇できました♪
チンパンジー

(サンドラ♀)

3人とも食べながらとっても嬉しそうにオッオッ(フード・グラント)やゴッゴッ(パント・グラント)などの声を発していて、見ているこちらまで嬉しくなりました^^
チンパンジー

外に出られるあったかい日が1日でもたくさんありますように(^人^) 
チンパンジー

サルたちの森のワオキツネザルのパドックでは、チップ♂が手に何かついているかの様に美味しそうに?ずっと舐めていました。 
ワオキツネザル 
何がついていたのか気になります^^

こちらはブラッザモンキーのジープ♂のあくび(*´艸`)
ブラッザモンキー 

シロテテナガザルのパドックではキキ♂が鉄骨の間にスッポリ。
シロテテナガザル
ちっちゃくて本当に可愛らしかったです(/ω\*)

小動物プロムナードでは、ケープハイラックスのアルプス♀の後ろ姿をパチリ。
ケープハイラックス 
アルプス♀はよくこうやって向こう向きで座っていることがあるのですが、お顔が見えないにもかかわらず、あまりにも可愛らしい後ろ姿なのでついつい撮ってしまいます^^

マーラのパドックでは給餌装置が揺れていました(*´艸`)
マーラ 
チビ♀(↑)が1番装置に慣れているとの事ですが、まだ1回も使っているところを見た事がないので、パドックが見える角を曲がる度にドキドキしてしまいます^^;

ネコたちの谷ではベンガルトラのジャム♀が、お隣のライオンのパドックをじーっと見ていました(*´艸`)
ベンガルトラ 

ヒョウ・ピューマ舎のパドックではピューマのパインさん♀が「シャーーー!!」
ピューマ 
舌のザラザラがすごいです(゜▽゜ノ)ノ

南米の森に入ると、コロンビアレインボーボアのビーナ♀が(多分左)脱皮間近なのか目が白くなっていました。
コロンビアレインボーボア 

ふれあいひろばのスリカータ(ミーアキャット)のパドックでは、クロ♀(左)とナギちゃん♀(右)が飛んでいる鳥をじーっと見ていたのですが、
スリカータ(ミーアキャット)
その後突然くーっと2頭とも寝てしまいました。(右)

そのお隣ではカピバラのタラ♂(左)とワカメ♀(右)のお食事ガイドをパチリ。 
カピバラ 

バードストリートでは、アオジが風に吹かれている時のお顔がとっても気持ち良さそうに見えました(/ω\*)
アオジ 

こちらはモッコモコになっていたハヤブサのジェーン♀。
ハヤブサ

今日もありがとうございました。 

スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[〇月〇日の動物たち]  thema:動物の写真 - genre:写真
朝のサニー♀
朝、ゾウ・キリン舎でアミメキリンのイザベル♀をぼーっと見ていると、担当の方々が出て来られたのでもしや?!.。゚+.(・∀・)゚+.゚と思って行ってみると、ゾウのサニー♀のターゲットトレーニングが始まりました。
アジアゾウ


ターゲットトレーニングとは、元々イルカなど海獣類で実施されていた調教方法をゾウに応用したもので、安全な距離を保ちながら行えるという点と、ゾウにとって指示が解り易いターゲット(目印)がある点がポイントなのだそうです。(いしかわ動物園 機関誌『アニマルあいズ』 2006年冬号より)

こちらは「足」の時。 
アジアゾウ
(デジイチだとシャッター音がうるさかったので上の2枚はコンデジです)

終わると今度は屋外に出て朝ごはんなのですが、サニーはまず一口食べると、
アジアゾウ 

奥に行って、
アジアゾウ 

タイヤを
アジアゾウ 

持って
アジアゾウ 

サニー所定の位置に置き直してから、
アジアゾウ 

戻って
アジアゾウ 

再び食べ始めます。
アジアゾウ 
サニーの嬉しそうなお顔を見れるのが楽しみで仕方ありません^^♪
Posted by tama
コメント:2   トラックバック:0
[ゾウの丘]  thema:動物の写真 - genre:写真
オオカンガルーの母たちの愛
オーストラリアの平原に行くと、奥の方ではオオカンガルーのラホミ♀がお腹に赤ちゃんを入れたまま毛繕いをしていました。
オオカンガルー

耳がねてる(/ω\*)

暫くするとお腹からスルッと赤ちゃんが出て来たのですが、出た直後の袋はああなってるんだとビックリw(゜o゜)w
オオカンガルー 

袋の中だと窮屈なのか、赤ちゃんは「ふぅ~」という風にあちこち掻いていました^^
オオカンガルー

「なに?!」 
オオカンガルー

毛繕いが済むと今度は「わ~い♪」という様に奥で跳び始めたのですが、 
オオカンガルー

気配を察したエミューのテントク♀がキラーン(`・ω・´) 
オオカンガルー

ワサワサッと小走りで向かうと、母ラホミが「ほら!早く入りなさい!」
オオカンガルー

赤ちゃんが入った直後にテントクがワーっとなったのですが(左)、
オオカンガルー
こちらが思っている程ラホミは慌てていなくて、逆にちょっと余裕な感じ(右)。

その後ぐるっと回って右側に避難すると、「ふぅ~参った、参った」
オオカンガルー
赤「おかあさんタスケテ・・・」

暫くしてラホミが再び先程の場所に戻ると、もう1頭のお母さんのコビナもやって来たのですが、そこへまたまたテントクがやって来ました。
オオカンガルー

この時もそんなに緊迫した感じには見えなかったのですが、コビナは逃げる時、右前足で赤ちゃんを支えているのが解って凄いなぁと思いました。
オオカンガルー

こちらは何だか楽しそうに見えたテントク。
オオカンガルー

アカクビワラビーのアナキン♂は近くにいたにもかかわらず、今回はどさくさに紛れて入って行くなんて事はありませんでした。
オオカンガルー
珍しい・・・^^

一件落着して木で身体を掻いていたコビナ♀。
オオカンガルー

鼻に落ち葉(*´艸`)
オオカンガルー 
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オーストラリアの平原]  thema:動物の写真 - genre:写真
| TOP | next