QLOOKアクセス解析
プレーリードッグのこどもたち
ふれあいひろばのプレーリードッグのパドックを遠くから見ると、いつもと様子が違うので何だろう?と行ってみると・・・
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ

なんと!こどもたちが外に出る練習をしていました~ε=(ノ≧∇≦)ノ

思えば3月・・・・・。
13日にリーちゃん♀がエド♂との双子の赤ちゃんを産んでから、パドック前にはこんなに可愛い写真が貼られていたりで、
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ 
いつかな?もうちょっとかな?とずっと楽しみにしていたのです♪

練習用のケージは横から見るとこんな風になっていたのですが、
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ

双子ちゃんのお母さんのリーちゃんは「だーしーてぇー」と1番激しかったです(*´艸`) 
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
子育てで寝室暮らしが長かったからかな?^^

正面から見ると、奥の寝室にはお父さんのエドとこどもの1頭が見えました。
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
かわいい~!(/ω\*) 

12:10から観察を開始したのですが、2頭ともお母さんたちがいる外が気になりながらも、なかなかあと1歩が踏み出せないようで、奥へ行ったり出入口に顔を出したりと行ったり来たり。
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
 
「行きたいなぁ、でも怖いなぁ」と何十分と繰り返していたのですが、それでもちょっとずつ進歩していて、こうやって上半身までは降りられるようになってきました。
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
 
観察開始から43分経った12:53。遂に1頭が着地!
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
 
この時は一旦すぐに戻ったのですが、1回降りるとあとは簡単。
3分後にはもうおとなたちのいるケージに(*´艸`)
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
でももう1頭は慎重派でそれからも頑張っていました。
  
先に出た子は好奇心が強いのか、もうおとなと一緒にケージから顔を出してみたり、
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
 
走ったり、外の様子を窺ったり、草を食べてみたり。
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
 
もう1頭の子は更に10分後に降りることができました。
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
おめでとう!(*^▽^)/ 

夕方に再び行った時にはもうすっかり慣れていて、2頭はドタドタ走り回ってすらいました(*´艸`)
ヒトの子どももですが、子どもというのは一旦安心できる場所だと解ると本当に順応が早いですね^^
いしかわ動物園 オグロプレーリードッグ
あ~かわいっ(/ω\*) 
スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[ふれあいひろば]  thema:動物の写真 - genre:写真
オーストラリアの平原の新人(鳥)さん
オーストラリアの平原に行くと、いつもは広いパドックに出ているエミューのウィン♂が今日はサブパドックにいました。
いしかわ動物園 エミュー

 
ということは・・・
いしかわ動物園 エミュー
新人(鳥)さんが広いパドックの方に♪

今年の3月の終わりに以前いたテントク♀が残念ながら亡くなってしまったのですが、そのテントクと一緒に卵時代に(2009年3月)多摩動物公園から来園した子です。(先月のまだサブパドックにいる時↓)
いしかわ動物園 エミュー
テントク♀とはきょうだい?とも思ったのですが、多摩動物公園公式サイトのエミューの卵についての記事を見ると、お母さんのエヴァちゃんとミカヅキちゃんが両方とも良く似た時期に産んでいるようなので、ひょっとしてお母さんは違うのかもです。 

神経質な子で大変というような事を以前ちらっとお聞きしたのですが、本当にそんな感じで、好奇心たっぷりに歩きまわっていたテントク♀とは違い、何となく所在無げに不安そうに見えました。(←あくまでも私の勝手な妄想です)
いしかわ動物園 エミュー
 
元々お顔や頭の羽が白いので目のところが真っ黒に見えて、一層そう見えてしまいがちなのかも^^;
いしかわ動物園 エミュー
 
一方カンガルーやワラビーたちは、いつものようにもう居て当たり前という感じ。
いしかわ動物園 エミュー 
どうかどうか優しいウィン♂と仲良くなれますように(^人^)
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オーストラリアの平原]  thema:動物の写真 - genre:写真
サニー♀のターゲットトレーニング
朝ゾウの丘のパドックに行くと、サニー♀はまだ出ていなかったので寝室を覗いて見ていたのですが、暫くするとなんと!ターゲットトレーニングが始まりました。
いしかわ動物園 アジアゾウ

ターゲットトレーニングとは、元々イルカなど海獣類で実施されていた調教方法をゾウに応用したもので、安全な距離を保ちながら行えるという点と、ゾウにとって指示が解り易いターゲット(目印)がある点がポイントなのだそうです。(いしかわ動物園 機関誌『アニマルあいズ』 2006年冬号より)

ずっと見たいと思っていたので見れた感激と、サニーの賢さを改めて(おまけに目の前で)目の当たりにした感動とで内心「すごい!」の連続だったのですが、静かで厳かな雰囲気にこちらまで緊張し、息を呑んで魅入ってしまったのでした。 
いしかわ動物園 アジアゾウ

こちらはお尻の時。
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
こちらは耳の時。
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
その都度のご褒美は食パンだったので、(乾パンの時のように)鼻先で摘めるようにではなく鼻で巻き取れるように下に当ててあげておられたのがなるほどなぁと思いました。
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
ターゲットトレーニングが終わると次は外に出て、
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
今度は足の裏のお掃除です。
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
それが終わるといよいよ朝ごはん♪
いしかわ動物園 アジアゾウ 

ですが、サニーはまず一口食べると、
いしかわ動物園 アジアゾウ 

奥へ行き、さっきは(↓)左側に置いてあったおもちゃのタイヤを、
いしかわ動物園 アジアゾウ

いつもの定位置に置き直してから、  
いしかわ動物園 アジアゾウ
 
戻って続きを食べ出したのでした^^ 
いしかわ動物園 アジアゾウ
サニーは遊んだタイヤを定位置に戻す几帳面なところがあるので、環境エンリッチメントの1つとして敢えて違う場所に置かれておられるのかもしれません。

こちらはとっても嬉しそうなお顔で食べるサニー。
いしかわ動物園 アジアゾウ
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[ゾウの丘]  thema:動物の写真 - genre:写真
| TOP | next