QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
日本野鳥の会・石川支部30周年記念展/特別記念講演「トキの復活をめざして」
今日は、日本野鳥の会・石川支部30周年記念展の一環で、いしかわ動物園の竹田さんの講演会「トキの復活をめざして」が開催されるとの事で21世紀美術館へ行ってきました^^♪講演会
(ちなみに私は野鳥の会の会員ではありませんm(_ _)m)

お話は、「トキという鳥・絶滅の歴史から 野生復活作戦まで」ということで、いしかわ動物園のサンデースクール「トキを調べる 1」(12月~3月)で教えていただいた内容を凝縮された形です。
講演会 
サンデースクールや前回の中村滝男さん(生態系トラスト協会)との対談(4月10日金沢市民芸術村で開催された「森のしずく展」にて)では聞きながらの書き取りが忙しかったのですが、今回はじっくり拝聴することができました。

詳しくは「トキを調べる 1」をご覧下さいなのですが、今回印象に残ったコウノトリのお話を1つ。
トキの野生復帰のお手本でもある、コウノトリの野生復帰に力を入れている兵庫県豊岡市では、生息環境の改善(水田魚道の整備・水田に生き物を増やす工夫)をされた結果、米の収穫量は減ったが無農薬の米が良いと高くても購入する人が増えたため収入は変わらず、じゃあこれもありなのかなという風に広がっているのだそうです。(←最後は私の言い回しです)
新潟でも石川でも島根でもどんどん広がって行きますようにと願わずにはいられませんでした。

他にはなんと!トキの最新情報として生後30日超の雛の写真が~♪(と言っても写真は載せられないので上から娘の絵を貼りました( ̄∇ ̄;)ゝ)
講演会 
お顔は黄色で頭はフサフサで、会場から声が上がるほど可愛らしかったです(/ω\*)

雛たちは今(5月30日現在)、生育段階ごとに部屋が分かれているのだそうで、先に産まれた3羽は冷暖房なしの部屋・次の3羽は冷暖房ありの部屋・あとの2羽は保育器で育てられているとの事でした。

雛たちの給餌の様子は、動物学習センター内『トキ展示・映像コーナー』の大型ハイビジョンモニターにて、11:30~と14:30~の1日2回見ることができますので是非ぜひ^^

あと別の会場では、会員の方の野鳥をテーマにした写真・絵画・版画・イラスト・ボタニカルアート(植物画)・バードカービング(彫刻)・パネル・オブジェ・スライドもあり、見どころがたくさんでとても楽しく拝見させていただきました。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[その他催し
5月29日の動物たち
今までその日のダイジェスト版を「〇月〇日のOne shot」と書いてきたのですが、今更ながらダサいなぁと気付いたので、シンプルに「動物たち」に変更しました^^;

サルたちの森ではお食事ガイドの時、ブラッザモンキーのダンプ♂が頬袋にエサを詰め込むところをパチリ。
いしかわ動物園

小動物プロムナードでは、岩の上でパン♀がダックス♂の背中に顎を乗せてのんびり中。
いしかわ動物園

ネコたちの谷のベンガルトラのパドックに行くと、マドラス♂はビューイングシェルターの上で寝ていたので、窓から覗くとめちゃめちゃ近かったです。
いしかわ動物園 
次に屋内展示室に行くと、ヒョウのマウント♂は眠いのかじーっと固まっていて、
いしかわ動物園

お隣のハッピー♀は寝起きにいきなり吠えていました(゜▽゜ノ)ノ 
いしかわ動物園
6月5日から受付が始まる(要予約)6月19日開催の「裏側探検ツアー」はネコたちの谷ですよ~♪

オーストラリアの平原ではアカクビワラビーのアナキン♂がお決まりの?尻尾押さえポーズ。 
いしかわ動物園

郷土の水辺の「中流の自然」水槽に行くと、アブラハヤのお腹が大きかったのですが卵を持っているのでしょうか^^
いしかわ動物園

ふれあいひろばのプレーリードッグのパドックでは、アンちゃん♀が一所懸命穴掘りをしていたのですが、 
いしかわ動物園

掘ったあとの土を(崩れないように?)顔で押さえる時、思わずこちらまで力が入ってしまう程ギュッギュギュッギュ力強かったです。
いしかわ動物園

バードストリートのオオコノハズクのケージを覗くと、ムーン♂が洞の入口で何回も口を開けては閉じを繰り返していたのですが、 
いしかわ動物園
あまりにも可愛らしかったのでずーっと見てしまいました(*´艸`)
いしかわ動物園
ボヤボヤですみません^^;
 
アフリカの草原では、アミメキリンのジェブ♂(左)とイザベル♀(右)がお顔をスリスリしていたり、 
いしかわ動物園

チンパンジーの丘の屋外パドックでは、キケ♀(左)とモンテ♂(右)が何十分もグルーミングをしていたりと、 
いしかわ動物園
あちこちで仲良しな光景が見られてこちらまで幸せな気分になりました^^♪

今日もありがとうございました。 

Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[〇月〇日の動物たち]  thema:動物の写真 - genre:写真
ヘビのふれあいタイム~コーンスネークのチェリーちゃん
南米の森に行くと、なんとなんと!今日は「ヘビのふれあいタイム」がありました~(ノ≧∇≦)ノ
いしかわ動物園 南米の森
 
写真↑はボールニシキヘビ(アフリカに生息)ですが、今日はアメリカに生息している(南米ではないので普段の展示はできない)コーンスネークのチェリーちゃん♀でした。 
いしかわ動物園 南米の森

触り心地は思っていたより柔らかくサラサラ、皮と身体の間に薄い空洞がある感じ(←あくまでも感覚です)で、匂いは全くの無臭でした。
いしかわ動物園 南米の森
瞳孔は丸かったのでとっても可愛らしいお顔です(/ω\*)

1回ヘビを触ってみたいとずーっと思っていたので、嬉しくて仕方なく時間の間中いてしまったのですが、間近で見てみると微かに膨れたりするので息をしていることが解ったり、腹部分の表面の造りが解ったりと「すご~い」の連続でした。
いしかわ動物園 南米の森
ちなみに身体の接地面積が少ないと不安になるのだそうで、なるべく広めにというか両手で支えてあげるというのがなるほどなぁと思いました。

他に見ていておもしろかったのはお子さんたちの反応で、好奇心旺盛に進んで触る子・恐る恐る触る子・怖がって行ってしまう子など様々だったのですが、1番おもしろいなぁと思ったのが、最初は触れなかったのにいざ触れると豹変して「かわいい~♪」と触りまくっていた子^^
本当に嬉しそうで楽しそうで、偏見がなくなり見方が変わるという事はなんてステキなことなんだろうと感動しました。
あと、親御さんが怖がるとそのお子さんも怖がって触れないということ。親の先入観はかなりの影響力ですね^^;

ちなみに「ヘビのふれあいタイム」は試験的にされておられる感じで不定期なため、時間の告知や放送はありません。
 
こちらは気になって時々上を飛び回っていたオニオオハシのペッパー♀。
いしかわ動物園 南米の森
 
こちらはきょうだい喧嘩?のように遊んでいたアカハナグマの姉クッキー(左)と妹キャンディー(右)。
いしかわ動物園 南米の森 

こちらはお父さん(右)の毛繕いをしていた息子のクリン(左)。
いしかわ動物園 南米の森 

今日は本当にありがとうございましたm(_ _)m
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[郷土の水辺・南米の森]  thema:動物の写真 - genre:写真
| TOP | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。