QLOOKアクセス解析
今日の動物たち

またまた出ました『いしかわ動物園 今日のOne shot』。

小動物プロムナードのお食事ガイドにて、歯や爪は本当にすごかったけど、本当に可愛らしいお顔でリンゴを食べていたシセンレッサーパンダのタンタン♂。

いしかわ動物園 

郷土の水辺では、つい4日前に脱皮前で入浴中?だったシマヘビの抜け殻を発見。

いしかわ動物園 

お隣のニホントカゲとニホンカナヘビの水槽では、まるで編み込みのように綺麗に並んでというか重なっていたニホントカゲたち。(1番上はニホンカナヘビ)

いしかわ動物園 

こちらの奥のお部屋では、温度が保たれているため冬眠をしていないモリアオガエル(黄緑色)やトノサマガエル(手前)などを見る事ができます。

いしかわ動物園 

ふれあいひろばでは、今日はパドックに雪が積もっていたのでこちらで見張りをしていたスリカータのナッツ♂と、

いしかわ動物園 

ウッチャン♀をパチリ。(観察筒の中から)

いしかわ動物園 

次は水鳥たちの池なのですが、フライングケージの天井はフェンスにもかかわらず雪が積もっていていつもとは違う雰囲気を味わえました。

いしかわ動物園 

この時(写真を撮れなかったのが残念なのですが)、天井の鉄骨に留まっていたホオアカトキが斜め上に首を伸ばして、フェンスの間の雪を突っついて落として遊んでいました(*´艸`)

こちらはオナガのキリちゃん♂。

いしかわ動物園 

チンパンジーの丘の屋内展示室では今日は月曜日なのでイチローファミリーが出ていたのですが、ちょうどこちらにお顔を向けたハロー♂をパチリ。(後ろはお母さんのメロン)

いしかわ動物園 

この時ちらっと獣医さんが来られたのですがすぐ行かれたにもかかわらず、ディスプレイをしてメロンに男らしいところを見せていたお父さんのイチロー。

いしかわ動物園 

腕1本で身体を支えて両足でガラスを蹴っている姿に「さすがチンパンジー!」と改めて感動しました。(怖いけど・・・)

ちなみにイチローはディスプレイをする前、ガラスまでの自分の通り道にある食べ物やワラをちゃんとどかすんですよ(*´艸`)

次はアシカ・アザラシたちのうみにて。パタパタ~っと飛んできて3m先の木に留まったメジロ!

いしかわ動物園

肉眼で見たのは初めてだったので超感激!曇っていて画像が残念なのが本当に残念です(T▽T)(どんな日本語・・・)

こちらはチンパンジーの丘の横の園路にて、私達の行く手を阻んでいた鳥。(あまりにも可愛くて動けなかっただけですが( ̄∇ ̄*)ゝ)

 いしかわ動物園

何という鳥なのでしょうか(?_?)

今日は雨も降っていて寒かったのですが、お客さんをあまり見掛けないこんな日はヒトの方が珍しいので、動物たちにこちらを観察してもらえたり、普段はなかなか見られない一面を目撃できるチャンスかもしれません。

あと静かな分、声や息遣いや足音まで何もかもが聞こえるので、動物といられることの心地よさや素晴らしさも味わえるのではないでしょうか。

スポンサーサイト



Posted by tama
コメント:2   トラックバック:0
[〇月〇日の動物たち]  thema:動物の写真 - genre:写真
パンナ♀のbefore after

南米の森のコロンビアレインボーボアとボアコンストリクターとマタマタのお部屋を覗くと、コロンビアレインボーボアのメニーナ♀(かな?)の頭が動いていました。

いしかわ動物園

木の上では、ボアコンストリクターのデッキ♂がお顔がこちら側から見える位置でじーっ。

 いしかわ動物園

夜行性のためか普段は動いている場面になかなか遭遇しないので、たまにちょっと動いているだけでも「おぉ~!」と思ってしまいます( ̄∇ ̄*)ゝ

アカハナグマのパドックでは今日もクッキー♀(左)と妹が仲良くじゃれ合って遊んでいたのですが、

いしかわ動物園 

ふとつかの間の休憩に入った妹の足の裏が丸見えになったのでじっくり観察。

いしかわ動物園  

さすがハナグマというだけあってクマの足の裏みたいです。(ですが本当はアライグマ科。)

こちらは↓みんな勢揃いの図。(奥から、お顔は見えませんがチョコ♀・お母さんのビップ・クッキー♀・手前が妹)

いしかわ動物園

その後ちょうどお食事ガイドの時間になったので、オニオオハシのペッパー♀のお食事の様子や、 

いしかわ動物園

ワタボウシタマリンのお食事風景を観察させていただいたのですが、今日はなんと!パンナ♀の「before after」を激写。(右ジャンボ♂)

いしかわ動物園 

パンナ♀は「やんちゃな性格で」とプロフィールに書かれているのですが、担当の方を前にするとそれが明らかに顔に出るので、おかしくて可愛くて仕方ありませんでした(*´艸`)

もう1枚。

いしかわ動物園 

「睨む」という行為はヒトだけではないんですね。

もう1つ凄いのがこちら!

いしかわ動物園  

写真は先月撮ったパンナなのですが、この狭い約7~8cmの幅の所で(黄矢印)、向こうから助走をつけて走ってきて(赤矢印)、前におられる担当の方目がけてガラス越しに体当たりするのですw(゜o゜)w

おまけにピンクマウスとミルワームをあげに入られた担当の方にはミルワームを掴む際に噛みつこうとしていたので、こんなに見た目が可愛らしくても侮ってはいけないと改めて思いました。

ジャンボとパンナのケージの前には注意書きがありますが、時々手を出されるお客さんを見かけます。噛まれたら流血する程だそうなのでくれぐれもお気をつけ下さい。

こちらは向かいのお部屋にいるパンナの弟のポロン。

いしかわ動物園 

Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[郷土の水辺・南米の森]  thema:動物の写真 - genre:写真
シマウマのお食事ガイド

今日は久しぶりにシマウマのお食事ガイドがあったので、14:30前にアフリカの草原に行きました。(ちなみにお食事ガイドは日によって、ある動物や時間が違うので、エントランスの看板や園内放送でお確かめ下さい。)

最初はまだグレビーシマウマの2頭はパドック奥の入り口付近にいました。

いしかわ動物園 

ところが、時間やバックヤードの音や雰囲気でちゃんと解っている2頭は「ひょっとしてお食事?!♪」(マタディ♀)と、

いしかわ動物園 

トコトコ歩いて来てパドック中程で立ち止り、園路を歩いて来られる担当の方の姿を確認すると、

いしかわ動物園

「お食事っ♪お食事っ♪」 と聞こえてきそうなくらい嬉しそうにこちら側に歩いて来ました。(左ランディア♀・右マタディ♀)

いしかわ動物園

担当の方と同時ぐらいに到着すると、ガイドの間待ちきれないランディアが「グーーーピィーーー!」と鳴いたので感動!

いしかわ動物園 

シマウマが鳴いているお顔を見たのは昨年の10月16日以来だったのですが、バックが雪景色のためか一層近くに見えて迫力がありました。

雪が周りの音を吸収するのかは判りませんが、とても静かな中、2頭が食べる息遣いや飲み込む音などが聞こえてまたまた感動。

いしかわ動物園 

マタディ(左)は、お食事の時にランディアが自分の背後に立つと後ろ足で蹴ろうとするのですが、こうやって顔を近づけて食べていても何にも怒りません。何故(?_?)

この時は雪も雨も振っていなかったので2頭はパドックに出ていたのですが、湿った雪が降っていたりで体がびしょぬれになりそうな時などは出さないのだそうです。ちなみに背の高いアミメキリンたちは重心が高いので滑って転んだりしないように(凍ってバリバリの時がある)、イザベル♀が下痢をしないようにと配慮されているため出さないとの事でした。

こちらは嬉しそうにちょっと飛び跳ねていたランディア。

いしかわ動物園 

2頭の見分け方はお顔や胸の模様や立て髪の感じなのですが、横顔の模様は全く違うので判りやすいかもしれません。

いしかわ動物園 

こちらは今日も機嫌が良さそうに見えたゾウの丘のアジアゾウのサニー♀。

いしかわ動物園 

こちらはあったかいプールでユラユラのんびりしていたカバの池のデカばあちゃん。

いしかわ動物園 

 

 

Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[アフリカの草原]  thema:動物の写真 - genre:写真
| TOP | next