QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
小松市憩いの森のとっても可愛い子ウサギたち
今日は買い物がてら、小松市にある憩いの森に寄ってみました。
以前はニホンザルがいたそうで、最後の1頭が亡くなったのでウサギを飼育すること(ゆくゆくはふれあい有り)にしたと何か(新聞だったかな?)で読んだのです。

あぁ可愛らしい(/ω\*)
1bcaa4e0.jpg

こちらの子たちもなんて可愛らしい。
e357f0a9.jpg

後ろ姿もホントにホントに可愛らしいです。
9ddb0605.jpg

ちょっと立ち止まって毛繕い。
7d299c5a.jpg

こちらはトイレかな?
089808af.jpg
お盆て(*´艸`)

「シフォン」ちゃんや「ココア」ちゃんなど可愛らしい名前がついていました。
誕生日を見ると4月10日。ギリギリもうすぐでなんとか2ヶ月。

真ん中には草が入ったカゴが結束バンドでぶら下がっているのですが、中には3頭入っていました。
60dba558.jpg
ちょっと不安定ですね・・・

どう見ても草はチモシーに見えたのですが、まだ2ヶ月なのにアルファルファでなくてもいいもんなの?
ですが水のボトルは5つもあって(1頭に1つ)、万が一のために床置きの水入れもありました。


思えば3年前・・・・・

金沢市キゴ山ふれあいの里のウサギたちの劣悪な環境(不衛生・去勢なし雄雌の超多頭ごった飼い・子ウサギは水の入れ物に届かず・皮膚病蔓延・遺体放置・熊よけという名の真横での大音量のラジオ)に怒りが込み上げ即抗議した事がありました。
数日後再び行くと、改善されてはいましたが(でも草は茶色くてモワモワの何の草か判らない草のまま)、何十頭といたウサギの数が一気に減っていたのでお尋ねすると、病気療養中とのお返事が・・・・・。
結局いなくなった子たちは帰って来ませんでした。(先々月行った時には数頭のみ)

つい先月には・・・・・

津幡町にあるシカなどがいる石川県森林公園に行ったところ、1頭の黒ウサギが、小さく狭く古く錆びている、おまけに壊れているとても不衛生なケージに入れられて、草もなく日陰もなくギラギラと太陽と人の目にさらされている姿(ウサギは寒さには多少耐えられますが、暑さには弱いのです)に怒り、管理事務所に抗議しました。
最初、「獣医さんの指導の下飼育している」とおっしゃっていましたが、そんな飼育環境にOKを出す獣医さんがどこにおられるのでしょうか?

子どもたちが自然から何かを学ぶ場である施設がする事ではありません。
県の施設ですよね?
大切にされていないそんな環境にいる動物を見て「生き物を大切にしなきゃ」と思う子どもがどこにいるでしょうか?
教育とは何なのでしょう?子どもを馬鹿にしていると思います。
きっと、そんなウサギたちを見て心を痛めたお子さんがたくさんいることでしょうね。
もう明らかに「動物虐待」です!!!

思い出してついつい熱くなってしまいましたが・・・
こんな事があったので、可愛らしい子ウサギたちには絶対にそんな目に遭って欲しくないと切に願っています。


追記:後日談のこちらも是非ご覧下さいm(_ _)m
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[他動物園や動物
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。