QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
ブロトスの事故
オランウータンのブロトス♂がタワーのデッキ部分から誤って転落してニュースになりましたが、ブロトス♂にも誰にも怪我がなく本当に本当に良かったと心から思います。

私はその時園内にいて全部見える場所で待機していたのですが、黙っていられない事がいくつかあって一言書こうと思いました。
(こんな所に書いても意味がないですけどね)


まず、ある新聞社は見出しにセンセーショナルに「檻から場外へ」となっていたり、記事には「ワイヤーから転落」(まさに渡っている最中に落ちたと受け取られる)などと、間違われる可能性がある文章を載せておられる事に驚きました。

ブロトス♂は逃げたのではなく「転落」したのです。

おまけにタワーのデッキからでワイヤーからではありません。


あと、テレビのインタビューを受けておられた来園者の方が
「どっちに逃げたのかどこに逃げたのかわからなかった」
とおっしゃっていましたが、園内放送は頻繁に流されていて、ブロトス♂に動きがあった時は勿論、ブロトス♂の現在の位置・避難誘導など常に園内放送で伝えておられました。

来園者の傍には職員の方が必ずおられてとても適切な対応をされておられたと思います。

なのでインタビューを受けた方は、放送をしっかり聞いておられなかったか場所の名前を把握していなかったんだろうなと思いました。


あと、私が待機していた場所からはエントランスやアシカ・アザラシたちの海も見えていたのですが、アシカ・アザラシたちの海の上の園路まで家庭用ビデオカメラを持ったお父さんでしょうか?報道陣さながらに走って撮りに行き(と言っても勿論ブロトス♂まではかなり遠く、職員の方はそこにもしっかりおられました)、注意されても聞かず、別の職員の方に注意されてやっと戻って行きました。

端から見ていてとてもみっともなく見えましたよ。


オランウータンの握力は300キロ以上で人の握力の平均は成人男性でもその10分の1だそうです。


ブロトス♂にも誰にも怪我もなく終わった今だからこそ言える事かもしれませんし、ブロトス♂の気持ちや職員の方の御苦労は計り知れませんが、ブロトス♂がアスファルトの園路側ではなく調整池の土手側に落ちた事・空中散歩が始まる前だった事・誰もいない方へ歩いて行った事など、何もかもが守られていると強く感じました。


どんな事にも意味があるなら、きっとこの事にも意味があって、必ずこの先にある良い事に繋がっていると信じています。
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[オランウータンの森
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。