QLOOKアクセス解析
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by tama
 
[スポンサー広告
★オーシャンズ(ネタバレあり)
今日はやっとやっと『オーシャンズ』を観に行ってきました。
(注:ネタバレありなのでまだ観ていない方は飛ばして下さいね。)

(陸に暮らす動物も同じですが)全てが美しく素晴らしく、存在そのものに凄い凄いの連続でした。
感動で最初から最後までずっとハラハラ泣いていたように思います。

・日向ぼっこをするウミイグアナ
・いつも頭を下にしているへコアユ
・5万匹のクモガニの大群
・赤ちゃんを優しく海に誘うお母さんが素敵だったウェッデルアザラシ
・イワシの大群
・上空から次々と海に一直線に飛び込んで行くケープシロカツオドリ
・とても綺麗な声で鳴くシロイルカ
・ヒレをバタンバタンさせて本当に楽しそうに泳ぐザトウクジラ
・水中で赤ちゃんを優しく抱っこするセイウチ
・ウミガメやジンベイザメにくっついているコバンザメなどの共存が垣間見える場面
などなど書き出したらきりがありませんが、4年もかけて撮られただけあって、とにかく何もかも全てが素晴らしかったです。

後半には、「世界には信じられないような現実が起こっています」と前置きがあり、網に引っ掛かり身動きが取れなくなっているウミガメの姿、ヒトの贅沢(フカヒレ)のためだけに捕らえられたサメが、船の上で尾びれ・背びれ・胸びれを切り取られ生きたまま海に捨てられる映像、イルカ漁の映像なのか、泣きながら血を流すイルカの姿、ショッピングカートが沈んでいたり、ゴミだらけの海を泳ぐアシカの姿もありました。
(ちなみに、ヒレを全て切り取られたサメが口をパクパクさせながら海の底に沈んで行く場面は、そんな残酷な場面にカメラを回す事ができるわけがないと映像を見てロボットで忠実に再現されたとの事、イルカの場面も映像を加工処理してあるとの事です。)

今朝の中日新聞には「イルカ漁批判映画が受賞」(「ザ・コーヴ」が第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞)の記事がありましたが、私はイルカ漁に反対なので受賞され良かったなぁと思いました。
(立ち入り禁止区域で隠し撮りしたなどというあげ足取りは置いといて。)
良くない事は素直に認め、より良くなるように変えて行かなくてはいけないのではないかと思います。
変化を恐れていてはそこには何も生まれないのではないでしょうか。

話を戻して・・・
最後の方には、「無関心でいる事が野生動物たちを絶滅に追いやっているのなら、目を逸らさず、守るという事が今ほど必要な時代はない」というような言葉(だったかな?;)があったのですが、本当にその通りで、過去・現実・未来全てをしっかり見つめて向き合い、軌道修正して行く最後のチャンスのような気がしてなりません。

上映は今週で終わりなのですが、DVDになっても1人でも多くの方に観ていただけますように。
スポンサーサイト
Posted by tama
コメント:0   トラックバック:0
[映画]  thema:ドキュメンタリー映画 - genre:映画
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。